1. 在庫処分・在庫買取【リバリュー】ホーム
  2. 会社情報
  3. 代表挨拶

代表取締役
武永 修一

「ReValue」

リバリューは、企業が持つ返品・余剰品などの在庫を適性価格により流動化し、透明性あるマーケットプレイスを提供しています。


ネット通販の拡大等の事業環境変化を背景に、ECサイトだけでなく、一般小売、卸、メーカー等、各業態の荷主企業様にとっても返品物流や余剰在庫が増加する傾向にあります。

そのような中、資産流動化(アセットリクイデーション)に関して、マーケティング、財務、オペレーション等のあらゆる観点から総合的なアドバイスを提供し、流動化の実行までをサポートする事業を展開しています。


将来的には、企業在庫を担保とした融資(Asset Based Lending)等、Fintech分野にも本格的に進出することも視野に入れ、この新たなマーケットをさらに発展させていきたいと考えています。


「Asset Liquidator」

グループ企業であるオークファンが運営する、国内最大級のショッピング・オークションの相場検索サイト「aucfan.com」は有料会員をはじめとした巨大なバイヤーネットワークを有しており、仕入れ先として「リバリューBtoBモール」には大きな可能性があります。またメディア運営を通じて蓄積されたBtoC、CtoCの価格データ及びビッグデータ解析技術を、リバリューの「トレンドナビ」に生かすことで、企業が持つ在庫の適正なプライシング算定の精度向上が実現します。


その結果、流通・製造業の資産をより流動化し、資産効率の向上に貢献します。


同じくグループ企業の「NETSEA」は、BtoBマーケットプレイスを運営していますが、リバリューと相互に顧客やリソースを共有することにより経営基盤が大きく強化されています。商材を持つサプライヤーは、在庫や卸の形態により、「NETSEA」「リバリューBtoBモール」の両プラットフォームの使い分けが可能です。新品商品の常設的な卸はNETSEAによる直販、返品や余剰在庫はリバリューが受発注の形で買い取り、自社のモールで販売します。また、バイヤーネットワークも共通化することで、より流通額が上がり、多様な商品が国内・海外に供給されるようになります。


このように、リバリューとグループ企業との間で生み出される相乗効果は非常に大きく、今後は独自のビジネスモデルを研鑽し、国内No.1のアセットリクイテーダーとしての地位を確立して参ります。


aucfan

03-6416-0960 月~金曜日 9:00~18:00

買取のお問い合わせ

その他のお問い合わせ

株式会社オークファン(Aucfan Co.,Ltd.)

JPX

東証マザーズ上場オークファン子会社