1. 在庫処分・在庫買取【株式会社リバリュー】ホーム
  2. コラム
  3. 第31回 ケーススタディ(大手電機機器卸、ワケアリ品処分・買取の場合)

2015年12月24日

第31回 ケーススタディ(大手電機機器卸、ワケアリ品処分・買取の場合)

今回も、これまでリバリューが関わってきた、
余剰在庫・返品商品の在庫処分・買取案件について、
大手電機機器卸のケースをご紹介したいと思います。


~~~大手電機機器卸、ワケアリ品処分・買取の場合~~~

 

今回は、大手電機機器卸における
ワケアリ品流動化について、ご紹介したいと思います。


(抱えていた悩み)
この電機卸では、小売店からの返品が日々返ってきていました。

 

これは卸業態であれば、一般的によくあることで、
・物流の過程でキズが付いてしまい、小売店の納品基準に見たず、返品されてしまうケース
・エンドユーザーからの返品が、小売店を通じて、返品されてくるケース
など、様々な返品が返ってきます。

 

戻ってきた返品商品は、ベンダーとの取引条件に基づき、
大半がベンダー側に戻っていきますが、
一部の商品については、ベンダー側に戻せず、
この電機卸側に残ってしまいます。

 

しかしながら、残った返品商品は、新品として再度卸すことは当然出来ないので、
倉庫内に滞留してしまうケースが多々あります。

 

倉庫の回転率が非常に重要なKPIとなる卸売業にとっては、
大きな機会損失に繋がりかねず、問題となっていました。


(ワケアリ品の流動化)
このケースで我々が行ったことは、
こうしたワケアリ品の定期在庫買取を提案・実施させて頂きました。

 

こうした返品在庫の場合、マニアックな商品も多いのですが、
リバリューの場合、家電やPC周辺機器であれば、
マニアックな商材も買取出来るケースが多く、ご満足頂いています。

 

卸売業態で小売店からの返品の扱いに悩んでいる企業様は、
ぜひ一度、ご相談頂ければ幸いです。

 

家電・パソコン関連機器の在庫処分・在庫買取はこちら

03-6416-0960 月~金曜日 9:00~18:00

買取のお問い合わせ

その他のお問い合わせ

株式会社オークファン(Aucfan Co.,Ltd.)

JPX

東証マザーズ上場オークファン子会社