1. 在庫処分・在庫買取【株式会社リバリュー】ホーム
  2. コラム
  3. 第29回 ケーススタディ(外資系パソコンメーカー、再生品・滞留在庫処分・買取の場合)

2015年12月18日

第29回 ケーススタディ(外資系パソコンメーカー、再生品・滞留在庫処分・買取の場合)

今回も、これまでリバリューが関わってきた、
余剰在庫・返品商品の在庫処分・買取案件について、jump4loves.com/ukranian-brides/
外資系のパソコンメーカーのケースをご紹介したいと思います。

~~~外資系パソコンメーカー、再生品・滞留在庫処分・買取の場合~~~

今回は、外資系パソコンメーカーにおける
再生品・滞留在庫の買取・キャッシュ化について、ご紹介したいと思います。


(抱えていた悩み)
どのパソコンメーカー様もそうですが、
年間数十・数百万台出荷している中では、
・製造過程の不具合による初期不良
・流通過程における物理的な軽傷(箱、本体)
などは、一定割合で発生します。

そして、こうした初期不具合品は、
新品再生されるメーカー様が多いです。

・こうして出てきた再生品だけでなく、
・滞留在庫として残っている新品余剰在庫は、
通常の販路だけでは捌ききれないケースも多く、
素早いキャッシュ化ニーズも相まって、
我々のような二次流通会社が活用されるケースも、
最近は増えてきているような印象です。

この会社も全く同様の背景・悩みをお持ちの企業でした。


(再生品・滞留在庫の一括買取)
このケースで我々が行ったことは、
こういった再生品・滞留在庫の一括買取を提案・実施させて頂きました。

我々の在庫流動化実績の中でも、
パソコン・家電回りの買取価格は比較的高いようで、
多くの企業様から、安定的に満足頂けている印象です。

ぜひ、一括処分をご検討中の
パソコン・家電周辺の在庫をお持ちの企業様は、
ご一報いただければ幸いです。

03-5926-6766 月~金曜日 9:00~18:00

買取のお問い合わせ

その他のお問い合わせ

株式会社オークファン(Aucfan Co.,Ltd.)

JPX

東証マザーズ上場オークファン子会社